MENU

妊娠中だけど黒ずみケアしたいから使ってもいい?

ピューレパールは無添加で肌に優しいのが特徴の、黒ずみ対策ジェルクリームですが、妊娠中でも使って大丈夫なのか気になりますよね。

 

妊娠中は普段よりも、シミや黒ずみが目立ってしまいます。

 

それは、ホルモンバランスの変化が原因です。

 

ホルモンバランスが変化することで、肌への刺激に対する防御反応が過剰になって、メラニン色素がいつもよりも大量に発生するのです。

 

また、この時期は通常の美白化粧品やケアアイテムを使うと、その成分の刺激の強さのせいで、肌が敏感な状態であるためにトラブルが出てしまう…ということもあります。

 

だからこそ、妊娠中のスキンケアには一層気を遣わなければならないのです。

 

 

ピューレパールは妊娠中の女性が使っても、特に問題はありません。

 

成分はヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなど、化粧品の美容成分として多くの商品に使われているものばかり。

 

強い美白成分が入っていないので、肌に負担をかけずに使うことができます。

 

また、内服薬ではないので、肌に塗ってもお腹の赤ちゃんに影響が出ることはありません。

 

普段のスキンケアと同様に、黒ずみが気になる部分にサッと塗って使うことができます。

 

 

しかし、デリケートゾーンの黒ずみに対して使う時は、一旦医師に相談した方が良いでしょう。

 

手で塗るものなので、雑菌が繁殖したり、思わぬ影響が出てしまう可能性があります。

 

また、授乳期の場合は乳首の黒ずみに塗るのは止めておきましょう。

 

赤ちゃんの口に入ってしまうのは危険です。

 

 

他にも肌が弱いから心配であるとき、マッサージをしてもいいのか判断が難しいときにも、かかりつけの医師に相談してから使うようにしてください。

 

自分で判断して、後で悪い影響が出てしまうくらいなら、事前に安心してから使うようにしたいですよね。

 

妊娠しているときは何かと不安になってしまうものです。

 

ピューレパールを妊娠中だけど使っても良いのかな?と、疑問点が残ったり、解らない時にはしっかりと相談しましょう。

関連ページ

黒い乳首をどうにかしたい!そんな時にも使えます
ピューレパールはワキ以外にも乳首の黒ずみ対策に使えます。ピューレパールが乳首の黒ずみに効く、その理由をまとめています。
ピューレパールとアットベリーを比べてみました!
ピューレパールとアットベリーはどちらも人気のアイテムですが、どんな違いがあるのでしょうか。ピューレパールとアットベリーの特徴を比較しています。
ピューレパールとイビサクリームを比較!どちらがオススメ?
ピューレパールと似ているアイテムとして、イビサクリームがあります。ピューレパールとイビサクリームの特徴を比較しています。