MENU

黒い乳首を綺麗なピンクにしたいならお勧めです!

お肌の黒ずみを効果的にケアしてくれるピューレパールは、乳首にも使えるのでしょうか?

 

お肌の黒ずみは、そこにメラニン色素が多く分布しているのが原因となっています。

 

乳首は元々メラニン色素が多い部分なのですが、刺激を受けるとさらにメラニン色素が濃くなります。

 

また、加齢によって肌の乾燥やターンオーバーがうまくいかなくなると、乳首の角質もどんどん固くなってくすんでいき、さらに黒ずみが気になってしまう結果に。

 

そんな時こそ、ピューレパールで乳首の黒ずみ対策をしていきましょう!

 

 

ピューレパールは乳首など、デリケートな場所に使っても大丈夫。

 

ジェルクリームなのでテクスチャも軽く、べたべたしないので下着の中でも蒸れたりしません。

 

逆に、『ビタミンE』やカミツレからとれる成分である『ビサボロール』によって、嫌なニオイを防いでくれます。

 

 

また、出産後、授乳期が終わったママさんにもおすすめなんです。

 

妊娠中から産後までは、ホルモンバランスが通常とは異なるために、メラニンの発生量が多くなっています。

 

そのため、乳首の黒ずみもどんどん進行してしまうおそれが。

 

授乳中は赤ちゃんの口に入ってしまうので使えませんが、授乳期が終わってからしっかりケアをすれば、黒ずみも目立たなくなるのではないでしょうか。

 

 

使う時は強く擦ってしまわないように、優しく馴染ませるのがポイント。

 

なかなか乳首を保湿することは無いかもしれませんが、黒ずみを改善するためには肌細胞のターンオーバーを、活発に行ってくのが何より大切です。

 

そしてそのためには、保湿が一番重要なんです。

 

保湿することで、ターンオーバーを正常にでき、さらに肌のバリア機能を強化することができます。

 

これは、乳首だけでなく肌全体で言えることです。

 

肌のバリア機能が弱くなっていると、それだけ刺激や圧迫感に弱くなり、そのたびにメラニン色素が大量に発生してしまいます。

 

この、メラニンの発生を防ぐことも、黒ずみを抑えるためには必要なポイントなんです。

 

 

ピューレパールなら、乳首以外にもワキやヒジ・ヒザの黒ずみにも効果的。

 

気になる黒ずみを発見してしまったら、ピューレパールを試してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

妊娠中でも黒ずみ対策していいの?
ピューレパールは妊娠中の女性でも使えるのか、またピューレパールを妊娠中に使う時の注意点などをまとめています。
ピューレパールとアットベリーを比べてみました!
ピューレパールとアットベリーはどちらも人気のアイテムですが、どんな違いがあるのでしょうか。ピューレパールとアットベリーの特徴を比較しています。
ピューレパールとイビサクリームを比較!どちらがオススメ?
ピューレパールと似ているアイテムとして、イビサクリームがあります。ピューレパールとイビサクリームの特徴を比較しています。